2016年11月08日

続・深夜食堂を観てきました!

















  今日は、よく雨が降りました。


  さて、久しぶりにジストシネマで、映画を

 観てきました。



  その映画は、小林薫さん主演の「続・深夜

 食堂」です。



  これは、みなさんご存じと思いますが、ビッ

 グコミックオリジナルに連載されている「深夜

 食堂」が原作の映画です。



  前作の映画「深夜食堂」は見逃しているので、

 今回は、楽しみにしていました。



  小林薫さんがマスターをつとめる食堂に、集う

 いろいろなお客さんの3つの人情話が、軸にな

 っている内容でした。



  たくさんの演技力のある俳優や女優さんが、

 出演して、飽きさせない内容で、とても楽しか

 ったですね。



  オダギリジョーさん、キムラ緑子さん、渡辺美

 佐子さん、余貴美子さんなど多彩なキャストで

 した。


  みなさんも、機会があれば観に行ってみては

 いかがですが?icon06




  


Posted by 植松淳平 at 22:32Comments(0)映画・TV・本

2016年03月04日

1分間アドラーを読みました!








  きのう、少し腹痛がして、しんどかったのですが、

 今は、だいぶ楽になり、ほっとしています。



  今日は、買い物へ行ったり、喫茶店に行ったりし

 ましたが、だいたい家で休息していました。



  さて、この間から、心理学のアドラーの解説本を

 読んでいました。(1分間アドラー SBクリエイティブ)




  この本は、見開き2ページでひとつのテーマのこと

 を書いていて、読みやすかったですね。



  アドラー心理学は、「勇気づけの心理学」と言われて

 います。

  実は、若い時から心理学に少し興味があり、心理学の

 講座やワークショップに参加したことがあるんですがー。





  アドラーは、(1870年~1937年)ウィーン生まれの精神

 科医で当時は人気があった心理学者だそうです。晩年は、

 アメリカに移り住んだそうですよ。ik_07




  

 
  


Posted by 植松淳平 at 20:47Comments(0)映画・TV・本

2015年12月11日

エルトゥールル号海難1890映画!






 

  今朝未明、ものすごい雨と風でした!

  みなさんの地域は、大丈夫だったでしょうか?




  さて、昨夜、和歌山市内の映画館に行きまして、以前から楽しみに

 していた「海難1890」という映画を観てきました。



  9月に串本に旅行したとき、大島の樫野にあるエルトゥールル号の

 記念館に行きました。



  この記念館では、125年前に、トルコの軍艦「エルトゥールル号」が

 樫野で座礁し沈没した事件について、とても詳しく展示されており、そ

 れを見学して、大変感動しました。



  その時、係の人から映画のことを聞きましたので、封切りを楽しみに

 していました。



  実話に基づいた映画で、エルトゥールル号が座礁沈没する場面など

 が迫力ある映像で表現されていました。



  主演の内野聖陽さん、忽那汐里さん、トルコの俳優さんたち、脇をか

 ためる永島敏行さん、竹中直人さん、笹野高史さん、夏川結衣さんな

 どの演技がすばらしかったです。



  また、見覚えのある樫野の浜でもロケされており、親しみを覚えまし

 た。



  この映画は、1890年トルコの軍艦エルトゥールル号が、大島樫野で

 座礁沈没し、600人近い乗組員のうち、60人近くの人たちが、樫野の

 みなさんの献身的な行動で、救助された実話がもとになっています。



  そして、その恩義から1985年イランイラク戦争の時、日本人救出の

 ため、トルコ共和国が、テヘランへ飛行機を出してくれて、日本人300

人近くを救出してくれました。icon06

 その場面も、映画の後半で描かれていました。



  
  


Posted by 植松淳平 at 17:29Comments(0)映画・TV・本

2015年06月12日

NHKかぶき者慶次!









  はやいもので、金曜日です。週末になりました!

  1週間がとてもはやく感じますね。




  さて、この間から、NHK木曜時代劇「かぶき者慶次」を楽しみに

 見ています。


  最初の1~3回は、この番組を見ていませんでしたが、たぶん

 4回目ぐらいから欠かさず見ています。はやり時代劇が好きなん

 でしょうかね。


  主人公の前田慶次は、加賀の大名、前田利家の義理の甥で、

 わけあって、上杉家に仕えており、石田三成の遺児を育てている

 というストーリーです。



  主人公の前田慶次に藤竜也さん、あと、火野正平さん田畑智子

 さん、江波杏子さんなどが脇を固めています。きのうは9回目で、

 慶次が敵方に襲われて、危ない場面がありました。来週が最終回

 です。どんなストーリ展開になるやら楽しみですね。ik_48

  
  


Posted by 植松淳平 at 20:59Comments(0)映画・TV・本

2015年05月02日

古い映画を観ました!



  和歌山城内の藤棚






  いよいよゴールデンウィークが始まりました!


  近頃は、あまりゴールデンウィークと言わなくなり、

 大型連休と言っているみたいですけどーー。



  ここのところずっと、いいお天気が続き、過ごしやす

 い毎日ですね。



  写真は、きのう和歌山城内で写した写真です。もう藤

 の花がきれいに咲いていました。




  さて、この間から、古い映画を家で観ています。昔、ビデ

 オに録画していて観ていなかったものが、何本かありまし

 て、時間のある時に観てみました。



  ヒッチコック監督作品の「めまい」と「ハリーの災難」です。

 1950年代半ばの作品でカラー作品です。



   「めまい」の方は、ジェームズ・スチュワート主演で、キム

 ノバクという女優さんが出ています。前半から後半の意外な

 展開がヒッチコック監督独特のストーリー展開ですし、最後の

 クライマックスには驚きましたね。



   「ハリーの災難」は、ある村に男の死体が横たわっており、

 それをめぐって村人たちが、自分たちの都合などもあり、おも

 しろくストーリー展開していきます。



   解説は、あの淀川長治さんで、今となっては、淀川さんの解

 説で、とてもなつかしく、あたたかみのある解説でしたね。



   この間のカセットテープもそうですが、今回の古い映画のビデ

 オも、整理整頓したおかげかな?まだ何本かビデオがありますの

 で、時間があれば、観たいです!!icon06  


Posted by 植松淳平 at 20:47Comments(0)映画・TV・本

2014年11月20日

NHK木曜時代劇「ぼんくら}






  今日も、夕方暗くなる前に、和歌山城 ~ JR和歌山駅 ~ 県庁前と、

 2時間ぐらいウォーキングしました。2時間歩くと、体調がかなりいいですね。



  もういい年なので、かなり歩かないと、新陳代謝がよくなりません。



  前回は、高倉健さんのことを書かせていただきましたが、やはり、今日も、

 高倉さん関係の番組をTVでやっていましたね。それを観ていると、胸がつま

 りましたね。



  さて、今夜はNHKの木曜時代劇「ぼんくら」を観ましたよ。この間だから、こ

 の「ぼんくら」のストーリーが気になって(謎解き)、3週連続観ています。


  
  江戸の鉄瓶長屋と呼ばれる、長屋の住人と、そこを見回る南町奉行所の同

 心の物語で、主人公のその同心(岸谷吾朗)を中心に、豪華な配役で物語りを

 展開していきます。



  宮部みゆきさん原作で、謎が解けないばかりか、謎が謎を呼び、ますます謎が

 深まるばかりなので、これからどうなっていくのかわからないので、面白いです。


   


Posted by 植松淳平 at 21:28Comments(0)映画・TV・本

2014年11月18日

高倉健さんが亡くなられました!








  今日は、曇りがちで少し寒い感じの気候でした。

  
  午後のニュースで、俳優の高倉健さんが、亡くなられたことを知りました。

 11月10日に亡くなられたそうです。


  突然で、たいへん驚きました。そして、本当にさびしい気持ちになりました。

 特に、高倉さんのファンだったと言うわけでもなかったのですが、何とも言え

 ない悲しい気持ちです。


  私は、映画館であまり映画を見ないほうなんですが、それでも、思いだして

 みると、「幸せの黄色いハンカチ」、「ブラックレイン」、「鉄道員」は映画館でリ

 アルタイムで観ていましたね。



  同じ俳優の小林稔侍さんや石倉三郎さんが、高倉健さんをたいへん慕ってい

 ることは、聞いたことがありますね。


  ご冥福をお祈りいたします。





    


Posted by 植松淳平 at 21:09Comments(0)映画・TV・本

2014年09月13日

ビートルズの本を読みました!







   この間だから、新書版の「ビートルズのビジネス戦略」という本を

 読んでいました。おもしろかったです。(武田知弘 祥伝社)



   イギリスの地方都市「リバプール」のアマチュアバンドがどのように

 して、ロンドンへ侵出し、アメリカへはばたき、そして、世界中にヒットして

 いったかという内容でした。


  そこには、確かな戦略があったと言うこと、マネージャーのブライアン

 エプスタインや、音楽プロデゥーサーのジョージ・マーチンたちの活躍が

 あり、ロックの音楽が、彼等の活躍によって、巨大な市場となったことな

 どが、わかりやすく書かれていました。



  テレビラジオ、映画などのメディア戦略、ファンクラブ設立など、今の

 AKBの戦略の原点がビートルズにあるそうですよ。



  しかし、ものすごい栄光もあり成功した故に、また、崩壊もはやかった

 と言うことでした。特に税金対策に苦しんだようで、それが解散の一因

 にもなったようですね。



  さて、今週は、自宅で新しい曲のCD録音をしていました。明日は、久し

 ぶりに日帰りハイキングに参加します。face02

 、 




  
  


Posted by 植松淳平 at 23:01Comments(0)映画・TV・本

2014年05月30日

大江戸捜査網を知っていますか?



 「大江戸捜査網」 (テレビ和歌山さんより)







  みなさんは、大江戸捜査網と言う時代劇を知っていますか?

  1970年~1984年まで続いた、テレビ時代劇シリーズです。




  この大江戸捜査網が、今、お昼ですけど、和歌山では、テレビ和歌山さんで、

 お昼12時から放映されています。 最近はこの番組を時々視聴して楽しんでい

 ます。おもしろいですよ。(月~金)



  私は、昔、学生時代にリアルタイムで見た記憶がありますね。全部713話ある

 そうです。シリーズによって、出演者が少しずつ変わります。杉良太郎さんの十文

 字小弥太を中心にしたシリーズ、里見浩太郎さんの伝法寺隼人を中心にしたシリ

 ーズ、松方弘樹さんのシリーズがあります。



  今、テレビ和歌山さんで放映されているのは、里見浩太郎さんの伝法寺隼人を

 中心としたシリーズです。



  ちなみに配役は、伝法寺隼人→ 里見浩太郎さん、井坂十蔵→ 嵯川哲朗さん

 くれないお蝶→ 安田道代さん 不知火お吉→ 江崎英子さん 内藤勘解由→中

 村竹弥さん 以上です。



   この隠密同心たちが、日頃は町人になって、事件を探り,犯人を見つけ、成敗す

 る内容です。場面転換がはやく、本格的アクションがあり、犯人捜しのおもしろさや

 江戸の人情味などがドラマに織り込まれていて見応えがありますね。


  と言うことで、今日はテレビ番組のご紹介でした!!ik_38

 
   
 
  


Posted by 植松淳平 at 20:20Comments(2)ライブ告知映画・TV・本

2013年08月23日

映画「少年H」





 昨日、

 少年Hという

 映画を

 ジストシネマ和歌山で

 見てきました。


 妹尾河童さんの

 自伝小説の映画化。


 神戸の大空襲の場面が

 迫力があり、

 すごかったです。


 少年H役の

 男の子や

 妹の女の子の

 演技がよかったです。

 水谷さんや

 そのほかの俳優陣も

 よかったです。face03

 

 
 
 


   


Posted by 植松淳平 at 20:59Comments(0)映画・TV・本

2013年02月07日

木村充揮さんの本を読みました!



 木村充揮自伝





 憂歌団の写真の数々



 
 この間の

 日曜日

 近所の書店に

 立ち寄り

 元、憂歌団の

 ボーカリスト&ギターの

 木村充揮さんの自伝を

 たまたま見つけて、

 買いました。


 憂歌団といえば

 ブルースですね。

 内田勘太郎さん

 花岡けんじさん
 
 島田かずおさん、

 そして、木村充揮さんの

 4人組でした。


 木村さんと私は、

 音楽の好みなど

 少し違うかなと

 思って

 読んでみたんですけど、


 70年代初頭の

 上田正樹とサウストウサウスさんのこと

 ウエストロードブルースバンドのこと

 石田長生とGASさんのこと

 忌野清志郎さんのことなど、

 京大西部講堂や

 京都拾得でのライブなどの思い出と共に

 読みやすく書かれていたので、

 彼の考えがよくわかりました。


 音楽的な感覚は

 私と近しい人だと

 思いました!!


 読んでみていい本でした!!


 私は、

 大阪の大学生のころ

 20才のころ?

 神戸女学院の学園祭での

 憂歌団さんの

 ライブを聞きに行って、

 強烈でなつかしい

 思い出があるんですよ。


 自分のこれからの

 音楽の指針に

 なった気がしますね。


 木村充揮自伝

 2667円 K&Bik_09

 (DVD付き)  


Posted by 植松淳平 at 23:09Comments(2)映画・TV・本

2013年02月01日

ブッタとシッタカブッタ!



 ブッタとシッタカブッタ





 主に4コマまんがです!



 今日は

 少し

 暖かかったです。

 でも、

 雨みたいですね!


 さて、

 この間、

 偶然

 「ブッタとシッタカブッタ」という

 本を

 見つけました!


 実は、

 私は、

 この本を

 20年ほど前に

 一度

 読んだことがあり、

 なつかしくて

 また、読んでみました。


 シッタカブッタという

 ブタくんが

 いろいろなことに

 悩んだり

 喜んだりする

 4コマまんがです。

 時々

 ブッタという

 おしゃかさまみたいな人が

 あらわれて

 コメントをします。


 読んでいて

 ほっとする

 心が

 軽くなる本ですよ。


 全3巻で

 姉妹編も何冊か

 あります。


 「ブッタとシッタカブッタ」

 小泉吉宏 メディア・ファクトリー

 税別950円ik_54  


Posted by 植松淳平 at 21:02Comments(4)映画・TV・本

2013年01月13日

ビートたけしさんの本を読よみました!



 

 今日は、

 来月16日の

 植松バンドのコンサートの

 準備を少しやりました。


 バンドのメンバーに渡す

 譜面の整理と

 音源のダビングですね。

 バンドライブの

 詳細が

 決まりましたら、

 また、ブログに

 あげさせていただきます!!


 さて、

 この間から

 ビートたけしさんの

 「間抜けの構造」という

 新書を

 読んでます。


 漫才にしても

 映画にしても

 間が大事という

 お話です。


 でも、最後あたりに

 周囲の間を読み過ぎて

 今の

 日本人が

 新しいものを

 創造できなくなったいる

 とも書いていました。ik_11


   


Posted by 植松淳平 at 21:14Comments(0)映画・TV・本

2013年01月09日

西原理恵子さんの本!





 まんが家の

 西原理恵子さんの本

 「生きる悪知恵」を

 年末から

 正月にかけて

 読みました。

 (主に電車の中で)


 悩みの相談について

 西原さんが答える

 という形式で

 「仕事編」 「家庭編」 「男と女編」などで

 構成されています。


 思ってもみないような解答があったりして

 おもしろかったです!!

 (文春文庫 800円)ik_08   


Posted by 植松淳平 at 20:57Comments(0)映画・TV・本

2012年03月05日

NHKドラマ「イ・サン」面白いですね!




 ようやく

 風邪の症状も

 なくなりました。


 でも、

 体調が完全に

 もどるまで気をつけます。

 みなさんも気をつけて下さいね。face04


 さて、

 このところ

 NHKの韓国ドラマ

 「イ・サン」を

 みています。


 とても興味深い

 歴史ドラマですね。

 主人公のセソン(イ・サン)

 幼なじみの友人たちーー。

 トファソという

 絵を描く部署で

 働く人たち、

 敵方のノロン派の人たちなどーー。


 次はどう話が展開していくか

 と言う

 期待感が

 いつも残りますね。


 ただ、放送時間が深夜なので、

 睡眠不足になりますね。ik_81

 

 

 


  


Posted by 植松淳平 at 20:53Comments(0)映画・TV・本

2012年02月01日

オールウェイズ三丁目の夕日64!




 先週の

 金曜日

 映画

 「オールウェイズ三丁目の夕日64」を

 観てきました。

 シリーズ3作目。


 1作目、2作目も観ました。


 1964年当時の

 東京の下町の物語。


 私は、当時、

 小学校2年生でした。

 当時の

 東京オリンピックのことも

 よく覚えています。

 和歌山にも

 オリンピックの聖火リレーも来ましたよ。


 と言うことで、


 鈴木オートの社長役の

 堤 真一さん、

 その奥さん役の

 薬師丸ひろ子さん、

 鈴木オートの従業員役の

 堀北真希さん。


 お向かいの小説家

 茶川竜之介役の

 吉岡秀隆さん

 その妻ひろみ役の

 小雪さんーー。face02


 劇画が、

 原作なので、

 オーバーアクションの演技も

 わざと演出で

 入れているみたいでしたけど、


 映画館で観ると、

 やはり感動しました!

 泣ける場面がたくさん

 ありました。icon06


 

   


Posted by 植松淳平 at 21:49Comments(2)映画・TV・本

2012年01月27日

前横浜市長さんの本!




 昨日に引き続き、

 本の話ですーー。


 新聞の広告で見て

 買った本。

 前横浜市長さんの

 中田宏さんが

 書かれた本。

 
 横浜市長時代に

 いろいろと

 改革に手をつけたことによって


 マスコミなどに

 いろいろと書かれて

 苦労されたことが

 書かれてあります。


 「政治家の殺し方」

  幻冬舎

 952円   


Posted by 植松淳平 at 20:38Comments(0)映画・TV・本

2012年01月26日

山形新幹線のワゴン販売員さんの本!




 昨年、秋、

 大阪の南海ナンバ駅の

 構内の書店で、

 たまたま買った本。

 
 山形新幹線のワゴン販売員、

 茂木久美子さんが

 お書きになっています。


 彼女は、新幹線車内、

 山形から東京までの

 1往復半のワゴン販売で

 50万円以上を売り上げた

 実績をもっています!!ik_07


 この本は、

 彼女の独自の

 試行錯誤と

 アイデアが

 紹介されていますが、

 
 その基本は、

 「売り上げより人とのつながり」という

 ことを言っておられます。


 1980年生まれと言う

 お若い方の書かれた本です。face02


 「人の5倍売る技術」

 著者 茂木久美子

 講談社+アルファ新書

 838円  


Posted by 植松淳平 at 20:21Comments(4)映画・TV・本

2012年01月10日

小林旭さんの本を!




 小林旭さんの本を

 買って読みました。

 
 小林旭さんと言えば

 ヒット曲がたくさんある

 歌手、そして俳優さんです。


 日活時代のこと、

 事業での失敗、

 莫大な借財、

 歌い手としての考え、

 芸能界への反感などーー。


 小林旭さんの本音が

 書かれていて、

 感銘を受けました。


 小林さん自身が書いたのでは

 なく、

 金子達仁さんと言う人が

 インタビューして聞き書きしたものです。ik_48


 「不器用なもんで」 扶桑社 

  金子達仁著   1400円
  


Posted by 植松淳平 at 22:48Comments(0)映画・TV・本

2011年08月28日

映画「恋谷橋」!




 先日、

 鳥取県の三朝温泉へ

 行った時、

 当地であちこちに

 ポスターが貼っていたので、

 知った映画「恋谷橋」。


 三朝温泉を中心に、

 鳥取県内をロケして

 作った映画だそうです。


 主演は、

 「スピード」の上原多香子さん

 その他、松田美由紀さん、土屋アンナさん、小倉一郎さん、

 松方弘樹さん、石橋蓮司、吉行和子さんなどーー。


 第一回スーパーシナリオグランプリ受賞作の

 映画化だそうです。


 ストーリーは、

 三朝温泉の旅館「大橋」の娘さん(上原さん)が、

 東京のデザイン事務所をやめて、故郷に帰り、

 デザイナーの夢を捨てられないまま、

 三朝の町おこしを幼なじみと計画する話。ik_15

 

 どこの温泉街もそうですが、

 以前のような活気がないのが、

 今の日本の現状です。

 そう言った共通の問題を、

 テーマにした映画。

 あと、あと継ぎ問題、町の活性化などーー。


 何かのヒントになる映画かもしれません。

 たいへん興味がありますね。ik_22

 恋谷橋は、三朝を流れる川にかかる橋の名前です-。 
   


Posted by 植松淳平 at 21:45Comments(2)映画・TV・本