2014年08月15日

国宝彦根城に行ってきました!



 佐和口









 彦根城博物館前









 ひこにゃん









 天秤櫓








 天守閣1








天守閣2








 天守閣内








 天守閣3








 玄宮園(庭園)





  今日は、お盆の最終日ですね。


  さて、昨日14日、以前から行きたいと思っていた滋賀県にある

 国宝彦根城に思い切って行ってきました。

  お城に興味をもっていて、今までも信州松本城や島根の松江城、

 高知の高知城、兵庫県姫路城など、ずいぶん昔にいろいろなお城

 の見学に行ったことがあります。これらは、みんな戦災にあってい

ないオリジナルなお城です。


  その中で、近畿圏では、彦根城だけ行っていなかったので、気に

 なっていました。今回行けてよかったです。

  天気は、雨模様でしたが、天守閣に登るころには晴れてきてビッ

 クリでした。お盆休みなので観光客がとても多かったですね。



  人気者のひこにゃんは、博物館横の縁側に時間を決めて出て

 きていました。(写真)やっぱりかわいかったです。ひこにゃんは

 初代藩主の井伊直政のむすこ直孝にゆかりのある猫がモデル

 になっていると聞いたことがありますーー。



  天守閣は木造三層で、内部はそう広くはなかったですが、400

 年前のままの木造建築で迫力がありましたね。天守閣からは琵

 琶湖がきれいに見えました。


  JRの夏季限定関西1デイパスで行ってきました。face05  


  







 



 

  


Posted by 植松淳平 at 13:48Comments(0)歴史もの

2011年03月30日

世界遺産「岩見銀山」へ!



 銀山地区のお寺




 町並み地区①




 町並み地区②




 龍源寺間歩




 龍源寺間歩



 昨日に引き続き、

 温泉津温泉から車で

 20分ほどのところに

 世界遺産「岩見銀山」があったので、

 28日午後、行ってきました。


 銀鉱山跡なので、入れる坑道が

 ひとつあります。

 銀鉱の連なりを間歩(まぶ)と言うそうです。


 驚いたことは、

 龍源寺間部から

 山道~古い町並み~代官所まで

 約2キロほど、町並みがつづき、

 その古い町屋を利用して、

 カフエ、食事処、土産物店、雑貨店などが

 並んでいるということ。ik_04


 とにかく観光地として

 すごく整備されています。

 これを企画プロデュースした人が

 いるということですね。

 すごいです!face05


 鉱山の歴史ーー

 室町時代初期から

 銀がとれることがわかっていたが、

 1526年、博多商人「神谷寿亭」が

 本格開発し、

 新しい精錬技術者を使い、

 多量の銀を産出するようになったとのこと。


 尼子氏や大内氏の争奪戦、

 その後、尼子氏や毛利氏の争奪戦、

 関ヶ原の戦い後、

 徳川氏の直轄地となり、

 
 家康の家臣、大久保長安が

 新たな鉱脈を見つけ、

 多量の銀を産出したとのことでしたーー。ik_39
 


  


Posted by 植松淳平 at 22:06Comments(2)歴史もの

2010年01月15日

山梨へ昔旅行したことがあります!



 この間、ほうとう鍋のことをアップしました。

 山梨県へ10年以上も前に旅行して、

 あちらでほうとうを食べました。

 それで、近頃思い出してほうとう鍋をつくっているんですー。



 さて、どうして和歌山から遠く離れた、山梨へ行ったか言うと、

 歴史小説が好きで、特に武田信玄関係の小説をよく読んでい

 たので、彼の本拠地がどんなところか実際に自分の目で見て

 みようと思い立って、行ったんです。


 いやあ、地形や風景、雰囲気、人の顔立ちなども和歌山と違っていましたねー。ik_39
  (写真は、新田次郎原作の小説「武田信玄」です。)


   


Posted by 植松淳平 at 22:57Comments(0)歴史もの